クレジットカード

クレジットカードのセキュリティコードとは?

クレジットカードでお金を払うにはカード情報が必要です。

クレジットカードには合計16桁のカード番号、カード名義、カード有効期限、そして3桁のセキュリティコードが記載されています。

情報が他人に知られてしまうと不正利用の原因になりますが、情報が守られてさえいれば、勝手に使われてしまうこともありません。

クレジットカードはパスワードを設定したり、セキュリティコードを利用することで、第三者に悪用されてしまうことを防いでいます。

このページではセキュリティコードの重要性について分かりやすくご紹介。クレジットカードを安心して利用するためにぜひお役立てください!


ここを確認。クレジットカードのセキュリティコードはすぐに見つかる

クレジットカードは店頭で読み取るだけで簡単に買い物ができます。

またインターネットでの買い物の際も、情報を入力すれば、スピーディーに支払いを終えることができるため、ネットショッピングを利用する機会のある方ならば、クレジットカードを持っておいて損をすることはありません。

インターネットショッピングをする際には、カード情報を入力する画面でクレジットカード番号の他に、セキュリティコードを求められる場合があります。クレジットカードのセキュリティコードとはどのようなものなのでしょうか。

基本は裏面の3桁の数字

セキュリティコードとはクレジットカード番号とは別の3桁の数字です。

基本は裏面の署名欄に3桁の数字が印字されています。
アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードのみカード表面、クレジットカード番号の右上あたりに4桁の番号が記載されています。

クレジットカードは磁気情報としてさまざまな情報が登録されていますが、原則としてセキュリティコードは磁気情報には含まれていません。

セキュリティコードを知るには、クレジットカードを直接確認するか、クレジットカードを持っている人から情報を入手するしかありません。

基本的にVISA・MasterCard・JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードには、セキュリティコードが記載されています。

ただしカードの発行年月日や、カードの種類によってはコードが無い場合もあるため、どうしてもセキュリティコードが見つからないときは、クレジットカード会社にお問い合わせください。

セキュリティコードってそもそも何の意味があるの?

店頭で買い物をする際には、カード裏面にある名義人の署名を必ず確認し、場合によってはその場でも署名を行います。

インターネット上でのカード利用時は、署名を確認する手段がありません。そのためセキュリティコードを利用して、カードを利用する人本人を確認しています。

セキュリティコードにはクレジットカードの不正利用防止の意味があります。

インターネット上などではクレジットカードそのものが無くても、カード情報だけで支払いができます。セキュリティコードがあることで、架空カードによる不正利用を予防しています。

クレジットカードの不正利用対策には、セキュリティコード以外にも「3Dセキュア」というサービスが利用されています。

3DセキュアではIDとパスワードの登録が別途必要です。一方、セキュリティコードはカード発行時に必ずコードが作成されるのが特徴です。

クレジットカードのセキュリティコードを教えても大丈夫?

クレジットカードはセキュリティコードがあることで、第三者に不正利用されてしまうのを防止しています。

特にカードの情報だけで、クレジットカードが使えるインターネット上では、セキュリティコードがとても重要な意味を持っています。
ここではセキュリティコードの重要性について分かりやすく解説しています。

絶対に人に教えてはいけない

他人にセキュリティコードを教えてしまうと、勝手にクレジットカードを悪用されてしまいます。

基本的にはセキュリティコードを他人に教えない限り、他人が勝手にコードを知る方法はありません。
クレジットカードは表面だけでなく、裏面の情報も見られてしまうことがないよう注意が必要です。

セキュリティコードが知られてしまう原因は下記となります。

■クレジットカードを勝手に見られてしまう
■自分でセキュリティコードを教えてしまう
■クレカの情報自体が盗まれてしまう

クレジットカード番号とセキュリティコードが揃っていると、クレジットカードが手元になくても、カード払いで買い物できてしまう場合があります。

セキュリティコードは、クレジットカードの磁気を読み取る方法では、盗み取ることができないようになっています。

万が一、クレジットカード番号が盗まれてしまっても、セキュリティコードが知られていなければ、クレジットカードの不正利用を防げる場合があります。

セキュリティコードを知られないようにすることは、クレジットカードを利用する上でとても大切。

カード発行会社のサイトにアクセスする際など、カードを利用する時以外にセキュリティコードが求められるようなことは、絶対にありません。

セキュリティコードを盗み取ろうとするサイトには注意が必要です。

ネットショッピングの際などは注意する

セキュリティコードはクレジットカードを直接見られたり、また自分自身が教えてしまうことがない限り、3桁の数字が他人に知られてしまうことはありません。

ただしネットショッピングが原因で、クレジットカードの情報が盗まれてしまう可能性はあります。

そのため、ネットショッピングで決済を行う際は、情報送信の際に暗号化されているサイトが安心です。

セキュリティー対策がされたサイトでは「SSL暗号化通信」が利用され、個人情報が盗み出されてしまうのを防いでいます。
SSLという文字やマークが、一切見当たらないサイトを利用するときは注意してください。

この他にも電話注文や、FAX注文には注意が必要です。クレジットカード番号を伝えたり、注文書に記入してしまうのは絶対に危険です。

クレジットカードは手元に無くても、情報さえあれば買い物できてしまいます。直接カード番号を伝える買い物方法は不正利用に繋がります。

クレカのコードが変更されるケースとは?

クレジットカードのセキュリティコードは、クレジットカード番号とセットで利用をします。

古いクレジットカードの番号を覚えていても、今のセキュリティコードが分からないと決済することはできません。

セキュリティコードは必ず発行されているので安心してください。

カード発行やカードの更新でコードは変わる

クレジットカードを発行するたびに新しいセキュリティコードが発行されます。
クレジットカードを更新したときにも、セキュリティーコードは変わります。

クレジットカードの番号が同じでも、セキュリティコードは変更されるため安心してください。

セキュリティコードは発行会社以外には分かりません。セキュリティコードがどのような数字なのかは、簡単に予測できないようになっています。

まとめ:コードは重要なので取扱いに注意する

クレジットカードがあればインターネットショッピングの際、情報を入力するだけで簡単に支払いができます。

店頭でしかクレジットカードを利用したことがないと、セキュリティコードを言われてもピンとこないかもしれません。

最後にセキュリティコードについてのポイントをまとめてみました。

■セキュリティコードはカード番号の後、または署名欄に印字された3桁の数字
■セキュリティコードが知られてしまうと不正利用の原因になる
■セキュリティコードは更新時など定期的に変わる

クレジットカードを悪用されないためには、カード番号や有効期限だけでなく、セキュリティコードの取り扱いが重要です。

クレジットカードには不正利用を防ぐために、さまざまな工夫がされているいます。安心してクレジットカードを利用するために、セキュリティコードの知識をぜひお役立てください。

関連記事

  1. クレジットカード

    ライフスタイル別のおすすめのクレジットカードをご紹介

    クレジットカードは身近でとても便利なものです。大人の方では持ってい…

  2. クレジットカード

    楽天カードの評判は?メリット・デメリットを解説!

    CMでお馴染みの大人気クレジットカードの「楽天カード」。クレジット…

  3. クレジットカード

    本当におすすめのクレジットカードは?ポイント還元率を徹底比較!

    ポイント還元率とは1ポイントを1円とした場合、クレジットカード利用…

  4. 学生向けのおすすめクレジットカード5選をご紹介!

    クレジットカード

    学生向けクレジットカードを作るなら!おすすめカード5選

    大学生になると意識することが多い学生向けクレジットカード。大学…

  5. クレジットカード

    ゴールドカードのメリットは?本当に持つ価値があるのか?

    「わざわざ年会費を払ってまでゴールドカードにする意味ってあるの?」…

  6. クレジットカード

    一枚で複数の役目をこなすビックカメラSuicaカードの魅力

    クレジットカードに特殊なサービスが付帯することは昨今では当たり前になっ…

PAGE TOP