カードローン

個人事業主でも借り入れOKな消費者金融3社をご紹介

カードローンは手軽に融資を受けられて比較的審査が簡単なことがメリットのローンですが、そんなカードローンでも個人事業主の方の場合には審査が厳しいことがあります。

これは会社員に比べて個人事業主は収入が不安定で返済能力に対する信頼が低いことが理由ですが、個人事業主だからこそ資金繰りが厳しいときにカードローンの助けがほしいものです。

個人事業主が資金調達をする場合、通常であれば銀行での融資や銀行系カードローンからの借り入れを考えますが、銀行系は金利自体は低いものの審査が厳しく、一定の安定した収入や業績がなければなかなか審査に通りません。

しかし今回ご紹介する消費者金融系のカードローンでは、基本的に返済能力があるかないかの審査となるため銀行系に比べて審査に通りやすくなっています。

また銀行系カードローンで融資を受けられたとしても、銀行系はその用途が個人での利用に限られ事業資金へ充てることは禁止されています。

しかし消費者金融系の個人事業主向けのカードローンの場合、資金の用途には制限がなく事業資金としての借り入れもできる点が大きな違いです。

個人事業主向けのカードローンでは、通常のカードローンにある「総量規制」の対象外になっているので、年収の1/3以上の借り入れができる点も大きなメリットです。

今回は審査も比較的通りやすく個人事業主の強い味方となってくれる個人事業主向けカードローンを扱っている3つの金融業者をご紹介します。


アコム

消費者金融大手のアコムが展開する個人事業主向けカードローンが「ビジネスサポートカードローン」です。

このカードローンは法人は対象外となっており、あくまで個人事業主が借りられるローンとなっています。

資金の用途は制限がなく、個人資金、事業資金どちらにも充てることができます。

アコムのカードローンは審査の方法によっては最短即日融資が可能な点にあり、急な支払があるときなどに便利です。

即日発行を受けるためには、まず免許証や保険証などの本人確認書類と、前年分の確定申告書を準備します。

その後アコムの電話窓口へ連絡して審査を受け、審査結果が電話で通知されたらアコムのATMである「むじんくん」に出向いてカードの受け取りと必要であればその場で融資が受けられます。

アコムの場合、むじんくん端末の全国設置数が三井住友銀行、プロミスに次いで3位とかなりの数が設置してありますので、手近な端末を見つけやすいのもメリットです。

アコムのカードローンで注意すべき点は金利の高さで、通常のアコムのカードローンは年率3.0%~18.0%ですが、ビジネスサポートカードローンの場合は100万円未満で年率12.0%~18.0%、100万円~300万円で年12.0%~15.0%と、最低利率の点で高くなっています。また貸し付け上限は300万円となっています。


プロミス

アコムと並ぶ消費者金融大手のプロミスが展開する個人事業主向けカードローンが「自営者カードローン」です。アコムと違い法人でも受けられ、こちらも資金の用途は制限がなく、個人資金、事業資金どちらにも充てることができます。

プロミスのカードローンも即日発行即日融資が可能であり、免許証や保険証などの本人確認書類と、収入が証明できる前年分の確定申告書か収支内訳票を準備します。

その後電話かプロミスのATMである自動契約機で審査を申し込み、審査が通った連絡が電話で来れば自動契約機からカードを発行、その場で融資を受けられます。

プロミスの自営者カードローンの金利は年6.3%~17.8%となっており、通常のカードローンと変わらないところが大きなメリットの一つです。

また自営者カードローンでは貸し付け上限が300万円となっていますが、プロミスの通常のカードローンである「フリーキャッシング」は貸し付け上限が500万円です。プロミスの場合フリーキャッシングの審査は個人事業主でも受けられ、収入額にかかわらず返済能力ありと認められれば比較的審査に通りやすいです。

フリーキャッシングでは事業向けの資金の借り入れはできませんが、フリーキャッシングの審査に通った後からでも自営者カードローンに切り替えを行うことができるので、多少時間に余裕のある場合にはまずはフリーキャッシングでの審査を受けることをお勧めします。

フリーキャッシングの審査はすべてWEB上で完結できるようになっており、自営者カードローンの審査よりももっとスピーディにカードが発行できる点もメリットの一つです。


アイフル

消費者金融アイフルでも個人事業主向けのカードローン「ビジネスアイフル」を展開しています。

ビジネスアイフルはアコムやプロミスのそれと違って事業向けの資金としてしか借り入れができず、個人向けのは使えないというところは注意が必要です。

しかしアイフルは個人事業主だけではなく法人でも借り入れを行うことができ、しかも借入限度額が最初から500万円となっているなど、アコム、プロミスより大きな借り入れが可能です。

また金利は年6.0%~18%となっており、アコムよりは金利が低くなっています。

プロミスでも最短即日発行が可能ですが、本人確認書類と、収入が証明できる前年分の確定申告書などを準備の上電話で審査を申し込み、即日発行を希望する場合には店頭に出向く必要があります。

その為店頭窓口の開いている時間帯を確認しておかないと、夜間の急な融資などには対応できないことになります。

アイフルで借入するメリットのもう一つには返済方法があり、アコム、プロミスの返済方法は定率や定額リボルビング方式、いわゆるリボ払いしかありませんが、アイフルでは元利定額返済方式と元金一括返済方式を加えた3つから選択できます。

元利定額返済方式はクレジットでの買い物などで使う12回払い、36回払いなどの分割払いと同じで、分割した一定額を毎月支払う方法です。

元金一括返済方式は借り入れ期間をあらかじめ設定しておき、設定期間の最終月に全額返済する方式で、毎月の支払額は金利分のみという返済方法です。

リボ払いだと一般的に返済期間が長いと返済額が多くなってしまう傾向にありますが、アイフルではそれ以外の返済方法も柔軟に選択できるのが魅力です。



関連記事

  1. カードローン

    カードローン「FAITH」は低金利で急な出費におすすめ!

    カードローンを検討しているけど、どこが自分に合っているのかわからない……

  2. カードローン体験談

    カードローン

    カードローン利用体験談「利用するときには無理のない計画を」

    Hさんのカードローン利用体験談銀行の口座を開設したときに、…

  3. カードローンがどんな場面で活躍するのか徹底解説

    カードローン

    カードローンがどんな場面で活躍するのか徹底解説

    CMなどでも目にする機会の多くなったカードローン。大きなお金を…

  4. カードローン

    カードローンを選ぶ際のポイントとオススメの消費者金融

    大人になれば何かとお金がかかるものです。急な出費の際にお金が足りな…

  5. カードローンで即日融資を受けるために気をつけるポイント

    カードローン

    カードローンで即日融資を受けるために気をつけるポイント

    急にお金が必要になったので明日までに用意をしないといけない、またはでき…

  6. カードローン

    無利息期間サービスのあるおすすめカードローン3選!

    カードローンは文字通り、カードを利用して借入するローン商品です。…

PAGE TOP