保険

種類の説明や人物別のおすすめ保険を紹介

これまではカードローンやクレジットカードのテーマが中心でしたが、「金融ブログ」ということで、今回は「保険」について解説をしていきたいと思います。

生命保険はその数の豊富さから掛け金や補償内容がバラバラです。

しかしながら誰しもが自分に最適な保険を選ぶことができるかと言うと、そうではありません。

保険選びをするのであればまずは最低限、保険の種類と特徴を知ることが大事になります。

今回は保険の種類だけでなく、どのタイプの人におすすめなのかも併せて解説します。

生命保険の基本形

生命保険には3つの基本形があるとされています。

どの生命保険もこの基本形をもとに独自の保障内容や特約などを肉付けしていきます。

まずはその3つの基本形を見ていきましょう。

死亡保険

被保険者が死亡したり、高度障害状態になった時給付されます。

例)定期保険・終身保険

こちらの死亡保険は生命保険の中でも最もポピュラーなものだといえます。

自分に万が一があった時、残された家族のために加入しておく人や、最低限お葬式の費用だけでもと加入される方が多いです。

生存保険

被保険者が契約→満期まで生きていた場合給付されます。

例)年金保険

こちらの生存保険は近年注目を集めており、ここ最近の年金に対する不安や老後の生活を案じて加入する方が多いです。

途中で解約などすると返戻率が悪くなってしまうデメリットもあります。

生死混合保険

上記の死亡保険と生存保険の良いとこどりで、被保険者が死亡または高度障害状態になった時、もしくは契約から満期まで生きていた時給付されます。

例)養老保険

こちらの保険は死亡時の対応も存命時の対応も、どちらもバランスよくできており人気があります。

以上の3つの基本形を基に、そこから医療保険などが登場するようになります。

次は様々な保険の種類とその特徴を簡単に説明していきます。

生命保険の種類とその特徴

では早速生命保険に関する保険の種類と特徴を見ていきましょう。

定期保険:契約満了、もしくは更新があり返戻金もある場合有
逓減定期保険:死亡保障金額が毎年減っていく保険で、満了時解約金は0円となる
逓増定期保険:死亡保障金額が毎年上がっていく保険で保険期間中の解約で、解約金が受け取れる
長期定期保険:定期保険の期間が長い保険で、保険期間中に解約すると解約金が受け取れる
終身保険:生涯に渡って保障がある保険
低解約返戻金型終身保険:終身保険より解約返戻金が低いが、生涯保障のある保険
定期付終身保険:終身保険を主契約に定期保険もついている保険で、一般的な保険の1つ
無選択型終身保険:健康状態の告知のない保険でハードルが低い
養老保険:死亡保障額と満期受取金額が同額の保険
医療保険:入院給付金と手術給付金が付いてくる保険
引受基準緩和型医療保険:健康状態の告知が比較的緩和されている医療保険
がん保険:診断一時金、がん入院給付金、がん手術給付金が給付される、がんに特化した医療保険
学資保険:子どものために、教育費の積み立てを目的とする保険
個人年金保険:老後の生活資金の補助を目的とする保険
傷害保険:入院、通院、死亡などケガにより引き起こされる事態を保障する保険


より詳しく生命保険の種類を知りたい場合には、下記サイトもチェックしてみてください。

http://www.hokepon.com/learning/category/

現在出ている保険はこれ以外にもありますが、代表的な保険をご紹介しました。

この中から自身のライフスタイルに合わせた保険を選ぶ必要があります。

正直かなり難しそうに感じますよね。 次では具体的にどのような人に、どんな保険が合うのかを解説します。

人物別におすすめする保険の種類とは

まずは簡単に年代別男女別に見たおすすめの保険種類をご紹介します。

20代男女:20代は男女ともに掛け捨ての医療保険がおすすめ
30代~40代男性:男性であれば終身保険、個人年金保険、学資保険がおすすめ
30代~40代女性:女性であれば女性特有の病気に備えた医療保険がおすすめ
50代以降男女:新たに加入するというよりも老後の蓄えを増やす目的で保障内容を減らすことも検討するのがおすすめ

基本的に20代は絶対にこれが良いという保険はありません。

ただし、20代の時期に入っておくと、月々の保険料をかなり安くすることができます。

では、オリックス生命の医療保険「新キュア」の、加入年齢別の保険料の違いを見てみましょう。

この場合は同じ補償内容でも、40歳時点での加入で月々3,171円の保険料がかかりますが、25歳時点で加入しておけば、月々の負担は1,693円でOK。

月々1,478円の金額差があるので、一年間でなんと17,736円もの差がつく事になります。
引用元サイト:http://医療保険おすすめ.com/

上記のように、「新キュア」という商品であれば年間でこれだけの差がつくことになります。

30代~40代は男女ともにライフスタイルが大きく変わる時期です。

おすすめなのは配偶者や子供といった家族のために加入する保険になります。中でも学資保険や個人年金は人気がある保険です。

50代以降になると老後の資金について考えましょう。あえてここで保険を見直して別の金融商品に投資するのも一つの手段です。

新たに加入するにしても掛け金が高額になるのは避けられないため、それを差し引いても不安な病気がある場合、特約などを付けて補完するのも良いでしょう。

やっぱり生命保険は掛け捨て?それとも貯蓄型?

最後になりますが掛け捨てか貯蓄型で加入する保険を悩む方が多くいます。

最初にことわっておきますが、保険は加入しておけば最高のリスクヘッジになります。

自分にもしものことがあれば掛け捨てだろうと貯蓄型であろうと最低限の保障はされます。

そのうえでおすすめなのは掛け捨て保険になります。貯蓄型にまわすお金があれば、その資金は別の金融商品に回す方が良いでしょう。

今ではiDeCo(個人型確定拠出年金)が政府主導で盛り上がっておりうまく運用すれば貯蓄型保険よりも高い返戻率になります。



PAGE TOP